プードルという犬種とは?

  • 投稿者 : とい
  • 2013年9月17日 4:55 PM

プードルは可愛くて頭が良くて大人気の犬種でもありますが、このプードルという犬種がどんな性質を持っていて、どんな歴史があるのかをご存知でしょうか?あまり知らない方に少しだけプードルの魅力をお教えしましょう。

プードルの起源は意外と古くて16世紀頃から愛玩犬として可愛がられてきました。原産地は中央ヨーロッパで貴族たちに愛玩犬として飼われていて、有名な貴族の絵画にも登場している事でもわかるように、その頃から可愛かったのですね。

最近のプードル人気はトイプードルという小さな種類のプードルなのですが、実際にプードルというのはとても大きな犬で、大人の胸のくらいまでくるほど大きいものが原種だったとも言われています。でも日本では小さいのが人気です。

実はプードルはとっても賢くて、水が大好きなので水中でものを探したりするのが得意なのです。だから狩りに連れていってもらう事もあったそうです。ちなみにこの頃からプードルは毛をカットする習慣が(人間がですが)ありました。

それが現代のように可愛らしくするためのカットにつながっているのでしょう。寒さに強くなるために毛がふさふさなのですよ!賢い犬なので、芸はすぐに覚えてくれますが、しっかりとしつけをしないと悪い子ちゃんになるのでご注意です。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。