子どもの耳管の特徴は大人に比べると幅があって短めです

  • 投稿者 : とい
  • 2015年11月27日 5:52 PM

黴菌やウィルスなど病気を発生させる微生物(病原体)が口から肺へ進入して伝染し、左右いずれかの肺が炎症を起こしてしまっている容態を「肺炎」と総称しています。
アルコールを無毒化するという特徴のあるナイアシンは、宿酔に効きます。嫌な二日酔いの大元とみられるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という物質の無毒化に携わっているのです。
緊張性頭痛はPC使用などによる肩こり、首凝りによる日本人に多い頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような強い痛み」「頭が重たいような酷い痛み」と表現される症状が特徴です。
毎日肘をついた横向きの状態のままでテレビを眺めていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ハイヒールなどを日常的に履いたりというような習慣は身体のバランスを乱れさせる大きな原因になります。
亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質を合成させるために働く特別な酵素や、細胞・組織などの活動に関わる酵素など、200種類以上もの酵素を構成する要素として欠かせないミネラルの一種です。
20才代、30才代で更年期が訪れたとすれば、医学的に表すと「早期閉経(premature menopause)」という病気にあてはまります(日本の場合は40才以下の女性が閉経してしまうケースを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と称しています)。
薄暗い所では光不足によってものが見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに不必要なエネルギーが必要になってしまい、光の入る場所でモノを眺めるより疲れるのが早くなります。
気分障害のうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、倦怠感、疲労感、食欲低下、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の症状が出現するのです。
めまいが確認できず、辛い耳鳴りと難聴を何度も発症する症例を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」というようなケースもあるということはあまり知られていません。
生殖器である前立腺は生育や活動にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても密接に関連しており、前立腺に出現した癌も同じく、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンに影響されて大きくなってしまうのです。
複雑骨折してひどく出血した時は、血圧が降下して眩冒や冷や汗、吐き気、座っていても起こる意識消失発作などの脳貧血の症状があらわれることがよくあります。
若年層で感染症のひとつである結核に対抗するだけの免疫(抵抗力)の弱い人々の割合が高くなったことや、自己判断のせいで診断が遅れることが原因のアウトブレイク・院内感染が多くなっているようです。
メタボリック症候群であるとは診断されていなかったとしても、内臓の脂肪が多く付くような悪質な体重過多を持っている事で、重い生活習慣病を引き起こしやすくなります。
食事という行為は、次に食べたい物をなんとなく口に入れて何度か咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、その後人体は実によく動き異物を身体に取り入れるよう努めている。
子どもの耳管の特徴は、大人に比べると幅があって短めの形状で、またほぼ水平になっているため、雑菌が進入しやすくなっています。大人よりも子供の方が急性中耳炎にかかりやすいのは、このためだと言われています。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。