プードルを飼う時の注意点について

  • 投稿者 : とい
  • 2013年11月26日 5:00 PM

プードルはとても飼いやすい犬種なのですが、いくつかの注意点があるのでその注意点をしっかりと踏まえて飼育してあげましょう。まずプードルはとても社交的な犬ですので、できれば1日1回は散歩に連れていってあげるといいですね。

健康上の問題点としてはそれほど無いのですが、散歩をしている事によってより健康になる事もあります。ただ小さい犬ですのでアスファルトに近い場所を散歩させる時には、暑い日中は避けて朝晩にお散歩をしてあげる方が良いでしょう。

基本的にプードルは室内犬なので、散歩に連れていって一日中運動をしなくてはならない事はありませんが、たくさん運動をさせてあげた方が喜びます!そして歯磨きもしっかりとしてあげるべきですね!虫歯ができたら可哀想ですからね。

後はプードルの最大の特徴である毛ですが、めんどうがらずに毎日1度はブラッシングしてあげるといいですね。絡んでしまったら可哀想ですからね。後は長くなってしまったらカットをしてお手入れしてあげないといけません。

自信がある飼い主さんなら自分でカットをしてしまうかもしれませんね。他には生後3ヶ月から5ヶ月くらいの間に、しつけをしっかりとしてあげると良いでしょう。それ以外ではそれほど神経質にしなくても大丈夫なので楽かもしれません。

 

プードルの里親になるには

  • 投稿者 : とい
  • 2013年11月12日 4:59 PM

近所にペットショップが無いとか、ペットショップの動物はちょっと、という人も中にはいるかもしれませんよね、だったら里親を探している人から譲り受けてはどうでしょうか?

インターネット上ではプードルの里親を募集している人の情報がたくさんあって、事情があって飼う事ができなくなってしまった飼い主が、新たな飼い主さんを探しているというものなのです。

例えば飼い主さんが病気になってしまったとか、家が変わって飼えなくなってしまったとかの事情のある子たちがたくさんいて、そういう子たちの中から里親になれそうな子をマッチングするのです。

その多くは成犬になっていて子犬の頃の可愛らしさはありませんが、皆とっても可愛がられていた子ばかりなので、きっと愛らしい家族になってくれる事でしょう。代金などはもちろんありません。

里親になるためにはどうすればいいのかというと、里親を探しているサイトさんにアクセスして、自分がいいかなと思うプードルを見て、連絡を取り合えば良いのです。とても簡単なので利用してみるといいでしょう。

ただし里親になったからにはやっぱりダメなんて事は許されないつもりで迎え入れてあげましょう。そしてたっぷりと可愛がってあげましょう。