プードルの里親になるには

  • 投稿者 : とい
  • 2013年11月12日 4:59 PM

近所にペットショップが無いとか、ペットショップの動物はちょっと、という人も中にはいるかもしれませんよね、だったら里親を探している人から譲り受けてはどうでしょうか?

インターネット上ではプードルの里親を募集している人の情報がたくさんあって、事情があって飼う事ができなくなってしまった飼い主が、新たな飼い主さんを探しているというものなのです。

例えば飼い主さんが病気になってしまったとか、家が変わって飼えなくなってしまったとかの事情のある子たちがたくさんいて、そういう子たちの中から里親になれそうな子をマッチングするのです。

その多くは成犬になっていて子犬の頃の可愛らしさはありませんが、皆とっても可愛がられていた子ばかりなので、きっと愛らしい家族になってくれる事でしょう。代金などはもちろんありません。

里親になるためにはどうすればいいのかというと、里親を探しているサイトさんにアクセスして、自分がいいかなと思うプードルを見て、連絡を取り合えば良いのです。とても簡単なので利用してみるといいでしょう。

ただし里親になったからにはやっぱりダメなんて事は許されないつもりで迎え入れてあげましょう。そしてたっぷりと可愛がってあげましょう。

 

プードルの値段はどのくらい?

  • 投稿者 : とい
  • 2013年10月29日 4:59 PM

プードル人気なので欲しいなと思っている人もいるかもしれません。とっても明るくて可愛い子が多いので、飼いやすいという事もあって人気が高いだけに、やっぱりお値段の方も他の犬種よりも高いのかもしれません。

スタンダードプードルですが、子犬で女の子の方が若干高いようですね。だいたい10万円~20万円の間くらいの値段が多いようです。一方男の子の場合はどうかというと、若干安くなっていて8万円~10万円ちょいくらいでしょう。

これは恐らくブリーダーの関係かなと思います。女の子だったら子犬が取れるかもしれませんしね。次にトイプードルですが、やはり女の子は高いですね。タイニーとかティーカップではない普通のトイプードルだとピンキリです。

4万円台の子から10万円くらいまででしょうか、ただ犬種としては認定されていませんが、ティーカッププードルとかタイニープードルといったものはとても高く、最低でも20万はしますね。上はもうキリがないくらい高いみたいです。

どんなプードルを買うのかはその人次第ですが、ペットショップで買うときには関節病とか病気を持っていないかなどをしっかりとチェックして、購入するようにした方が良いかもしれませんね。どんな子でもプードルは可愛いですからね!

 

プードルの性格について

  • 投稿者 : とい
  • 2013年10月15日 4:58 PM

人間に性格があるようにプードルにだって性格があるものなのです。プードルは基本的には社交的な性格をした子が多いので、家族がたくさんいる家に飼われたら楽しいでしょう。他の犬がいても仲良くできるでしょう。

しかもとても賢い犬種である事も事実として認識されていて、芸を仕込んでも一番早く覚えますし、基本的なしつけも早くしっかりと教えてあげれば、あっという間に覚えてくれるので、飼い主としては余計に可愛いと思うでしょう。

狩猟犬として活躍していた過去があるので、運動能力はとても良くそのため明るい性格で、誰からも愛される性格の子が多いのもプードルの特徴であると言えるのではないでしょうか。ただししつけはしっかりとしなくてはなりません。

特にトイプードルの場合はちょっとだけ神経質な面を持ち合わせているので、小さな頃から他の犬との社交性を身に付けさせ、しつけもしっかりとしなくてはわがままな子になってしまうので注意した方が良いでしょう。

特に日本人は可愛らしいという事で甘やかしてしまいやすい性質を持っているようなので、あくまでも群れの中の一匹として考え、躾はしっかりと行うべきでしょう。そうすればとても愛らしく誰にでも好かれる活発な子になるはずです。

 

 

プードルの寿命はどのくらいなのか

  • 投稿者 : とい
  • 2013年10月1日 10:57 AM

プードルは可愛くていつまでも一緒にいたいと思うものですよね。普通の犬種だとちゃんとにお世話をしてあげれば12歳くらいまでは生きる事ができると言われていますが、プードルはそれよりも長く生きる犬種です。

寿命は最長で17歳くらいまで生きる事ができるという報告があるので、しっかりと面倒を見てあげれば17年間は一緒にいる事ができるという事になります。一緒に年を取っていける犬種でもあるという事になるわけですね。

という事はお年寄りが可愛いからといって飼うのはあまりお勧めできない犬種という事になるかもしれません。常常思っている事なのですが、お年寄りが犬を飼うケースで犬よりも先に死んでしまうケースは非常に嘆かわしいです。

そういう意味では比較的若い方が飼うのならプードルは最適で、お年寄りにはお勧めができない犬種です。もちろん他の人にも慣れていれば新しい飼い主と幸せに暮らせるかもしれませんが、そうやってしつける必要があります。

寿命が長い犬種である事は確かですが、しっかりと面倒を見てあげなければ長生きはできませんので、ワクチンやトリミングなどはしっかりとしてあげましょう。病気や怪我にも十分に注意してあげると良いですね。

 

プードルの種類はどのくらいあるのか

  • 投稿者 : とい
  • 2013年9月17日 11:56 PM

プードルというと小さくて可愛くてふわふわしていて、というイメージばかりが先行しているみたいですが、実はプードルという犬種の中にも色々な種類があるのですが、ご存知だったでしょうか?

プードルの種類というのは大きさで決められているようで、もっとも大きいスタンダードと、そのちょっと下のサイズのミディアム、その下のミニチュアプードル、さらに小さいトイプードルと、大きくわけると4つの種類がいるのです。

大きいスタンダードタイプのプードルとトイプードルを比べると、半分くらい大きさが違うほどの違いがあるので、大きさの幅はかなり広いと考えていいでしょうね。これは交配によって作られているので問題もあります。

よくダックスでもある事なのですが、小さいのが欲しいという人が多いため、小さめの普通のダックスをミニチュアだと言って売るケースです。実はプードルも小さいタイプが欲しいという人が多いのです。

そこで悪徳業者がティーカッププードルだと偽って、トイプードルの小さいのを売るケースがあるそうです。なので買うときには注意して買うようにしたほうが良いでしょう。多少大きくても可愛らしさは変わりません!

今後もさらに種類が増える可能性がありますが、やはり自然のままの方が良いですよね。

 

プードルのカットの種類について

  • 投稿者 : とい
  • 7:01 PM

プードル人気の高さの秘密の一つにカットがありますよね。プードルは可愛らしくカットをする事ができるので、自分の好みにする事ができるので、個性豊かなプードルがたくさん街を歩いているものです。

さて、プードルのカットはどのくらいの種類があるのでしょうか?人気の高いものから少しだけご紹介してみましょう。まずはスタンダードカットと言う、一般的なプードルのカットですね。これが一番多いのではないでしょうか。

次にテディベアカットというのも大人気ですよね。いったい犬なのかぬいぐるみなのかわからないところがまたキュートなのです。ライオンカットというものもありますね、ライオンのたてがみのようにカットをするのです。

オスならいいかもしれませんがメスはちょっと迷惑かもしれません。でもシンプルな感じのする従来のカットもとても可愛らしくていいですよ!スタンダードタイプに似ていて、プードルらしさが出てくるのです。

実はこうしたカットの種類というのは何十種類もあって、好みによって変える事ができるのですが、トリマーの腕にもよるのでバランスよくカットしてもらうのが一番かもしれませんね!

中には自分でカットしたいために資格を取得するというすごい飼い主さんもいるのだそうです。

 

プードルという犬種とは?

  • 投稿者 : とい
  • 4:55 PM

プードルは可愛くて頭が良くて大人気の犬種でもありますが、このプードルという犬種がどんな性質を持っていて、どんな歴史があるのかをご存知でしょうか?あまり知らない方に少しだけプードルの魅力をお教えしましょう。

プードルの起源は意外と古くて16世紀頃から愛玩犬として可愛がられてきました。原産地は中央ヨーロッパで貴族たちに愛玩犬として飼われていて、有名な貴族の絵画にも登場している事でもわかるように、その頃から可愛かったのですね。

最近のプードル人気はトイプードルという小さな種類のプードルなのですが、実際にプードルというのはとても大きな犬で、大人の胸のくらいまでくるほど大きいものが原種だったとも言われています。でも日本では小さいのが人気です。

実はプードルはとっても賢くて、水が大好きなので水中でものを探したりするのが得意なのです。だから狩りに連れていってもらう事もあったそうです。ちなみにこの頃からプードルは毛をカットする習慣が(人間がですが)ありました。

それが現代のように可愛らしくするためのカットにつながっているのでしょう。寒さに強くなるために毛がふさふさなのですよ!賢い犬なので、芸はすぐに覚えてくれますが、しっかりとしつけをしないと悪い子ちゃんになるのでご注意です。

« 前ページへ